よく, サラリーマンの給与以外の副業金額(経費控除後)が20万円以下ならば, 確定申告をしなくてよいとの話をよく聞きます。しかし,  医療費控除などを適用するため確定申告をする場合には, たとえ副業金額が20万以下でも申告不要制度を選択しない以上, 副業金額についても申告しなければならないため, 注意しなければいけません。

では, 競馬や競輪で予想が的中した場合には, どうすればよいのでしょうか。その場合, 競馬や競輪による払戻金から購入券代を控除し, さらに特別控除50万円を差し引いた金額を1/2して計算した金額が20万円以下ならば, 申告不要制度の適用が可能です。

ついでに, 宝くじはどうかというと,  当せん金付証票法の第13条に, 「当せん金付証票の当せん金品については, 所得税を課さない」と規定されているため, 税金の支払いは必要ありません

電話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>