チャリティー出場枠で税金が戻ってくる?

マラソン大会の人気が高い!

最近マラソンがブームなのでしょうか、ついに富山の名を冠したフルマラソンが2015年11月1日に開催されます。今年は、3月の能登和倉万葉の里マラソン(フル)を皮切りに、4月魚津蜃気楼マラソン(ハーフ)、5月黒部カーターマラソン(フル)と出走済みです。最後は富山マラソンで締めることになるのでしょうか。その富山マラソン、一般応募枠は2日ほどで定員に達したようです。登録初日に申し込んだので私は大丈夫でしたが。。

チャリティーの出場枠

このように一般応募枠は人気が高く、油断をすると応募すらできません。一方、東京マラソンなどは抽選で出場できるか決まりますが、その倍率は10倍ほど。なかなか当選するのは難しいものです。ところが、チャリティー枠というものがあり、東京マラソン財団に個人として10万円以上の寄付を行った希望ランナーは先着3,000名で必ず当選できるとのこと。10万円以上寄付をすれば、あの倍率10倍の東京マラソンに楽々参加できるのです!

寄付金控除の適用

なお、東京マラソンでの寄付金(寄付先は数種類から選択できます)は、「スポーツ振興、地球環境保全や世界の難民支援、難病の子どもたちへのサポートをはじめ、世界の人々の家族や命、夢や未来を“つなぐ”チャリティ活動に充てていきます」とのこと。したがって、チャリティー枠の寄付金については、確定申告の際に支払う税金を減らすことができる寄付金控除などの対象になります。

寄付金控除とは

寄付金控除とは、扶養控除などの所得控除の一つ。次の金額を所得金額から控除できます。

次のいずれか低い金額-2千円=寄附金控除額
❶その年に支出した特定寄附金の額の合計額
❷その年の総所得金額等の40%相当額

したがって、10万円の寄付については、9万8千円×税率の金額分税金が減ります。また、住民税もチャリティー枠で選択して支払う寄付先に応じて、9万8千円×4%(都道府県)or 6%(市町村)or 10%(都道府県+市町村の両方)の金額を減らすことができます。寄付先が何%の対象なのかは、事前に調べることができます。

寄付金の税額控除とは

東京マラソンでの寄付金先が認定NPO法人の場合では、所得税の所得控除にかえて税額控除を選択することができます。

(寄付金合計-2000円)×40%=税金が減る金額

したがって、税額控除を選択した場合には、所得税額が9万8千円×40%=39,200円減ることになります。住民税の税額控除額(最大10%)と合わせると49,000円の税金が減るので、実質的なチャリティー枠の負担額は51,000円となります。なお、所得金額に応じては寄付金控除を選択した方が有利になりますので、事前にシュミレーションしてみましょう。

富山マラソンのチャリティー枠

富山マラソンには、富山マラソン応援枠というものがあり、その内容は

富山マラソンの特徴的な取組みを支援(参加費15,000円(通常10,000円)※税込、手数料別)
・カーボンオフセット認証ラベルの取得
・車いすレースの実施
・伝統文化を楽しめる大会(高岡御車山、新湊曳山、流鏑馬(やぶさめ)など)

とあります。300人の応募に対して47分で募集人員に達したそうです。

富山マラソンの応援枠で税金は減る?

富山マラソン応援枠については、応援部分は上乗せの5千円部分と思われますが、その取扱いについては明記されていません。したがって、寄付金控除などの適用を受けることは無理だと思われます。
なお、寄付金控除の適用を受ける場合には、一定の書類の添付(領収書など)が必要です。また、支払う税金が事業が赤字の場合や住宅ローン控除などを受けていてそもそもない人も寄付金控除や税額控除の適用はあまり意味がありません。注意しましょう。

電話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>