ロードバイクが盗まれた!

鍵はかけていたのですが。。

サイクルチームメンバーのロードバイクが盗まれてしまいました。いつものように職場の駐輪場にとめていたのですが、戻ってくるとなくなっていた!そうです。レース用のあの高いロードバイクが!!と思ったのですが、街乗り用のグレードの低いロードバイクが盗まれたそうです。でも、それでもロードバイクは結構な値段はするのです。

警察に届け出たものの。。

警察に連絡して盗難届を出したのですが、戻ってくる確率は低いとのこと。ロードバイクを分解してパーツをバラバラに売られてしまえば、もうどうしようもありません。東京などの都会ではよく聞く話ですが、まさか富山でもチェーン鍵を切って盗むやつがいるなんて。。と自分自身の危機管理の甘さにもハッとさせられます。

盗難にあったら税金が戻ってくる?

ロードバイクが盗まれた!でもそれって税金と関係あるの?と思われるかもしれませんが、実はみなさん知らないだけで関係はあります。翌年の3月15日までに確定申告すれば、税金が戻ってくる可能性があるのです。確定申告の際に使う制度の名前は、ずばり「雑損控除」。

雑損控除ってなに?

雑損控除とは、災害又は盗難若しくは横領によって、生活に通常必要な資産について損害を受けた場合に適用を受けることができる所得控除です。サラリーマンが確定申告をして雑損控除の適用を受ければ、税金が戻ってきます。

雑損控除の計算方法は?

雑損控除は、次のうちいずれか多い方の金額です。控除しきれない場合には、翌年3年間繰り越すことができます。また、警察が発行する盗難届出証明書が必要となります。
❶(保険金を控除した後の損失額(災害関連支出を含む))-(総所得金額等)×10%
❷(保険金を控除した後の災害関連支出の金額)-5万円
※災害関連支出の金額とは、災害により滅失した住宅、家財などを取壊し又は除去するために支出した金額などです。
※サラリーマンの総所得金額とは、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」です。

生活に通常必要な資産とは?

雑損控除の対象となる生活に通常必要な資産とは、次のような資産になります。

動産 家具、什器、衣類
書画、骨とう、貴金属等で30万円以下のもの
通勤用自動車
不動産 居住用不動産

したがって、事業用の資産や趣味や娯楽で保有している資産(生活に通常必要でない資産)は雑損控除の対象とはなりません。

ロードバイクは雑損控除の対象になる?

サラリーマンの通勤用のロードバイクは、生活に通常必要な資産に該当すると思われますので、雑損控除の対象になるでしょう。また、フリーランスなどの個人事業者の事業用のロードバイクが盗まれた場合には、事業所得で盗難損失を計上することになります。

レース専用のロードバイクが盗難にあった場合には?

レース用のロードバイクは、趣味で保有している生活に通常必要でない動産であると考えられます。したがって、サラリーマンや個人事業主ともに、税務上の手当はありません。ひたすら犯人が捕まるかロードバイクが戻ってくるかを祈ることになります。

保険金の入金があった場合には?

ロードバイクに盗難保険をかけていて、保険会社から入金があった場合には、次の様に取り扱います。

通勤用 雑損控除の損失額から保険金額を控除
雑損控除の適用を受けない場合には非課税
事業用 保険金額を収益に計上
趣味用 非課税

趣味のロードバイクが盗難にあった際の節税方法は?

レース用のロードバイクが盗難にあった場合には、ことごとく税金の手当は無いようにみえますが、実は知っていれば使える特殊な方法があります。使う方法は、ズバリ「資産損失」。特殊なケースですが、資産損失を使えば確実に節税になります。

資産損失とは?

資産損失とは、自動車の盗難など資産そのものが滅失することによって生じる損失のことをいいます。例えば、レース用のロードバイクが盗まれても雑損控除の対象にはなりませんが、他に車などの動産の譲渡所得の金額があれば、その金額から損害額を控除することができます。引ききれなかった金額は、翌年の譲渡所得の金額から1年間繰越して控除することができますが、それでも控除しきれなかった損失の額は切り捨てられます。

損失額の計算方法は?

ロードバイクが盗まれた場合の損失額は次のように計算します。なお、保険金を受け取った場合には、損失額から控除してください。2年又は3年経過している場合、又は保険金額が損失額を上回っている場合には損失額はありません。

事業用 取得価額-耐用年数2年で計算した減価償却費の累計額
事業用以外 取得価額-耐用年数3年(2年×1.5倍)で計算した減価償却費の累計額(注)

(注)事業用以外のロードバイク(通勤用と趣味用)の減価償却費の計算上1年未満の端数については、6月以上は1年とし、6月未満は切り捨てます。

盗まれたロードバイクのその後。

数日後、警察から連絡があり見つかったとのこと。犯人は防犯カメラに映っていて、身元も判明しています。ただ、チェーン鍵がダイヤル式で犯人はチェーンを切らず、ダイヤをうまく当てて外していたそうです。これは、ロードバイクの所有者の危機管理にも問題があるようですね。ロードバイクが見つかってほんとにラッキーでした。

買ったばかりのロードバイクを盗まれたら。

買ったばかりのロードバイクを盗まれたら、税金の手当も考えられます。ぜひこのコラムをご参考ください。多少気が晴れるかもしれません。。

電話


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>