中古の備品を買いました。どう処理をすればいいですか?

中古の備品を買ったら

リサイクルショップから中古の備品を買ったり、事業をはじめるときに自分の車を事業用として使う場合には、その備品や車を減価償却資産としなければいけません。

減価償却資産って?

減価償却資産とは、たとえば100万円の車を買った場合には、買った時にすぐ費用とするのではなく、一定期間(耐用年数といいます)で費用とするものをいいます。新品の車の場合には6年間かけて費用にします。

何年で費用にすればいい?

費用にする年数(耐用年数)は、法律できまっています。一般的な車の耐用年数は6年です。
例えば、中古の車を買って自分の仕事に使ったときは、次のように年数を計算します。

(1) 耐用年数(車は6年)の全部をすぎた車(前のオーナーが6年以上使っていたなど)
  耐用年数の20%に相当する年数
・・・6年×20%=1.2年 →2年
(2) 耐用年数の一部をすぎた車(前オーナーがまだ2年しか使っていない場合)
  耐用年数から経過した年数を差し引いた年数に、経過した年数の20%の年数を加えた年数
・・・(6年-2年)+2年×20%=4.4年 →4年
※1年未満の端数は切り捨て、計算した年数が2年に満たないときには2年とします。

リサイクルショップで節税効果!

このように、リサイクルショップで大きな買い物をしても2年間で費用にできますので、節税の効果はあります。ただし、費用になる金額(減価償却費といいます)は月割りで計算しますので、決算直前に買ったら1か月分しか費用になりません。。

金額の小さい備品は、すぐに費用で処理

10万円未満の備品などは、すぐに費用とすることができます。中小企業や個人事業の方は30万円までOKです。10万円以上20万円未満の備品は3年間で均等額を経費にできます(一括償却資産といいます)。
表にすると次のようになります。

1年で費用 3年間で
均等額を費用
1年で費用
(個人・中小会社)
法定年数で費用
10万円未満 × × ×
10万円以上
20万円未満
×
20万円以上
30万円未満
× ×
30万円以上 × × ×
電話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>