商売がうまくいかない。。

商売を軌道に乗せるのは大変です。特に食材のロスや家賃などの固定費が毎月出ていく場合には、後は自分の給料を削っていくしかありません。では、売上の見込がつかないのに追加の借金をしてまで資金繰りを続けますか?撤退時期を見極めるのは大切です。

 

こんなことがありました。。 ・・・一部現在進行中です。


『主要取引先から受注がなくなり、借金だけが残っている。』と相談にこられたお客様。何をすればいいのか、何をできるのか。自問自答の日々が続きます。

急激に赤字に転落 裁判を起こされる
売上の大半を占める取引先から、受注がこなくなりました。 銀行からは、借金を一括返済しろとの訴えが。借金取りが家のドアを蹴ります。
資金繰りに奔走 自己破産したいが
毎月の家賃やリース料の支払いのため、親戚縁者・友人からも借金を。 まとまったお金がないため、弁護士に相談しても依頼ができない。

これも引き際が肝心です。 ・・・苦しいですが、行動を起こしましょう。


固定費の削減を。サラリーマンに転職して毎月一定の収入を。弁護士に依頼して破産手続きを。など気力を振り絞ってやるべきことはあります。

固定費の削減を 弁護士に相談しましょう
最後の手段は固定費の削減。毎月出ていく金額を減らします。事業の継続の可否も判断しましょう。 一度弁護士に相談しましょう。自己破産や会社の破産など、今後の道すじをつけましょう。
税理士に相談しましょう お金がないなら法テラスへ
消費税は大抵の場合、申告すれば還付されます。また、住民税均等割の免除申請をしてもらいましょう。 一定の収入要件を満たせば、無料相談・費用の立替を受けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>