相続税はどうやって納付しますか?

相続財産を売却する?それとも物納?

相続した財産が不動産ばかりだった場合、どのように相続税を支払うか頭を悩ませます。相続した不動産を売却して納税資金を捻出するか、もしくは不動産そのものを物納として国に渡すか。しかし、先祖代々の不動産を手放すのであれば、できる限り手放す不動産は少ない方がよいと思うはず。売却するか、物納するか。決断が必要です。

判断基準は?

売却か物納どちらかが有利なのかの判断基準は、不動産売却による手取額(税金など諸経費を引いた後)と、物納財産の収納価額(国の評価額)を比較することとなります。ここで複雑なのが、まずは不動産を売却する際の税金の計算です。

相続税支払うために所得税も支払うの?

不動産を譲渡して利益がでたら所得税を納付しなければいけません。相続税の支払いのために所得税も納付する?考えただけで鳥肌が立ちます。しかし、相続税の申告期限後3年以内に譲渡した場合には不動産の譲渡利益の計算上、一定の相続税額を控除することができます。これを相続税の取得費加算の特例といいます。

相続税の取得費加算の特例とは?

相続税の取得費加算の特例とは、相続により取得した土地・建物・株式などを相続税の申告期限後3年以内に譲渡した場合に、相続税額のうち次の算式で計算した相続税額を譲渡資産の取得価格に加算することができるというものです。

❶ 土地などを譲渡した場合
土地等などを譲渡した人にかかった相続税額のうち、その人が相続や遺贈で取得した全ての土地等に対応する相続税額を加算します。
$$その者の相続税額=\frac{(その者の相続税の課税価格の計算の基礎\\とされた土地等の合計額)}{(その者の相続税の課税価格+債務控除額)}$$
❷ 土地以外の建物や株式などを譲渡した場合
建物や株式などを譲渡した人にかかった相続税額のうち、その人がその譲渡した建物や株式などに対応する相続税額を加算します。
$$その者の相続税額=\frac{(その者の相続税の課税価格の計算の基礎\\とされたその譲渡した建物や株式などの価額)}{(その者の相続税の課税価格+債務控除額)}$$
❸ H27年以降に土地などを譲渡した場合
上記❶は、譲渡していない土地に対応する相続税についても控除可能ですが、H27からは税制改正により譲渡した土地に対応する部分しか控除できなくなりました。
$$その者の相続税額=\frac{(その者の相続税の課税価格の計算の基礎\\とされたその譲渡した財産の価額)}{(その者の相続税の課税価格+債務控除額)}$$

物納財産の収納価額とは?

物納財産の収納価額とは、相続税の支払い額として国が引き取ってくれる価格です。この価格は相続税の評価額、すなわち相続税の申告書に記載された価額によることとされています。したがって、相続税を計算する際に5千万円で評価していた土地は、収納価額も5千万円となります。

収納価額が申告書の金額と違うことも。

貸地が更地になった場合など収納時までに財産の状況に著しい変化が生じたときは収納価格の改定がおこなわれます。たとえば、貸家がある土地は自用地の価格の79%~82%で評価されますが、収納時までに貸家を取り壊した場合には自用地として100%で評価されます。もちろん取り壊し費用はかかります。

こんな場合は気を付けて!

例えば、死亡した父親から敷地を使用貸借で借りていた場合、その土地の相続税評価額は自用地として100%で評価されますが、借地権割合が60%の地域では、自用地としての価額の40%でしか評価されません。つまり、収納価額は借地権の価額に相当する額を差し引いた底地としての価額となります。これは、結果として敷地を国から借りることとなるので、相続発生前の使用貸借とは状況が違うでしょ。というのがその理由です。

とりあえず、これはおさえて!

物納財産の収納価額は、相続税の特例の適用を受けた後の評価額。したがって、自宅や貸地で評価額の特例を受けた土地については物納すると損です。自宅の売却については、所得税の特例で3000万円の特別控除がありますので、物納を考えるくらいなら譲渡して相続税の納税資金を作りましょう。また、土地を売りたくても相続税評価額ぐらいでは売れない土地もあります。そのような場合には物納を選択するのもありでしょう。

事前のプランニングが大切!

身内の死去で心を痛めているのに、さらに納税資金で頭を悩ませる。。あまりに精神的負担が大きいですよね。まだ元気なうちに将来の不安をひとつずつ減らしていく。持っている資産の大部分が土地の方は、とても大変なのです。。

電話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>