犬税の導入が検討へ。

かつて日本に存在した犬税

長野県四賀村(現在は松本市に編入)で1982年(昭和57年)に廃止されるまで、日本でも犬に税金が課されていました。もちろん税金を払うのは犬ではなく飼い主。犬を飼う理由を猟犬、愛玩犬、その他などにわけて税金を課していました。地方税でしたので、自治体ごとに猟犬が愛玩犬より税金が高かったり、別の県では逆に低かったりとルールはまちまち。結局、犬税の徴収コストの方が犬税の税収を上回ったため廃止されたようです。出典

犬を殺すと死罪。

徳川綱吉が江戸を納めていた頃にあった、生類あわれみの令。当初は「殺生を慎め」程度でしたが、次第に犬を登録制に。犬を虐待している者を密告したら賞金30両もらえました。娘の吉原への身売りは50両の時代です。蕎麦の値段は約16文。1両は4000文でしたので、1密告で7500杯(一日2食で約10年分)の蕎麦を食べることができました。江戸時代の物価
そのうち、幕府は野犬を飼うための犬小屋を作り、約8万頭の犬を世話していました。年間で約10万両のコストがかかったと言われます。これらの費用は「犬金上納」といって農民、町民などから徴収する「犬税」で賄われていました。

大阪府泉佐野市での犬税の検討

大阪府泉佐野市では、平成26年度に犬税検討委員会を市に設置し、犬税を導入することを検討してきました。目的は、犬のフン対策。しかし、犬税の税収より、税の徴収コストの方が高つくことが予想され、最終的には断念しました。犬税の導入に関する検討結果について

もし犬税を導入したらいくら。

ドイツでは、犬税が導入されていて一頭あたり年間一万円以上の納税が必要になります。仮に、日本に犬猫のペット税として一頭一万円で導入したとすると。。
一般社団法人ペットフード協会の発表している調査結果によれば、2014年10月現在の犬の飼育頭数は、10,346千頭となっています。したがって、10,346千頭×1万円=1千34億6千万円。結構な金額です。

そのほかの動物税。

1873年(明治6年)から1879年(明治12年)まで、東京府(現在の東京都の前身)ではウサギに税金が課されていました。また、同じ明治6年には馬税が、江戸時代にはくじら税などがありました。

今は動物に税金は課されない?

現在、ペットに税金がかかっていないかというと。。ペットをペットショップで買うと消費税がかかっています。また、ペットの餌にも消費税が。ペット固有の税金はないのですが、ペットを飼うことによって消費税の納税額は増えることになりますね。そう考えると、動物にも税金がかかっているといえます。消費税って国にとって便利な税金ですね。

電話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>