先日提出した確定申告書が間違ってた?

期限内に確定申告書を提出したものの。。

確定申告書の提出期限は2月16日から3月15日まで。もちろん、2月16日より前に提出しても問題はありません。面倒な確定申告は2月中に終わらせて。。という人も多いのではないでしょうか。ところが、早く提出したものの後で間違えに気付いた。。ってありませんか?

期限内ならもう一度確定申告書を提出しましょう。

期限内なら、もう一度確定申告書を提出しましょう。その際には、「訂正申告」と表紙に赤書きすると親切です。
申告期限内に確定申告書を2回以上提出した場合には、最後に提出された申告書をその人の確定申告書として取り扱うことになっています。期限内なので、当然なにもペナルティーはありません。

申告期限を過ぎた場合には?

3月15日を過ぎてしまった場合には、税金が減る場合には更正の請求、税金が増える場合には修正申告をします。修正申告にはペナルティーが発生しますので注意しましょう。

更正の請求とは

更正の請求は、申告期限後に払いすぎた税金を返してもらう手続き。更正の請求書の提出期限は、申告期限から5年間。国税庁ホームページでも作成が可能です。一番下の欄に、更正の請求書・修正申告書作成開始がありますのでクッリクして下さい。

修正申告とは

修正申告は、納付した税金が実際より少なかったり、還付金が実際より多かった場合に追加で税金を納付する手続き。こちらも、国税庁ホームページ更正の請求書・修正申告書作成開始から作成できます。
税務署の調査を受けた後に修正申告をした場合には、過少申告加算税(追加の税金の10%)がかかります。ただし、追加で納める税金が当初の税金と50万円とのいずれか多い金額を超えている場合には、その超えている部分は15%になります。
なお、税務署の調査前に自主的に修正申告をすれば、過少申告加算税はかかりません。ただし、利息的な意味合いの延滞税がかかります。現時点の延滞税の税率は最初の2か月が2.8%、以降は9.1%となっています。(H27.1.1~H27.12.31までの期間)
なお、税金の時効は5年。(悪質な場合には7年)。 時効を放棄することはできないため、時効成立後に自主的に修正申告して納税することはできません。

確定申告を忘れた場合

確定申告書を提出しなかった場合に提出期限後に提出する申告書は、期限後申告書となります。
期限後申告書には、無申告加算税が15%(50万円超は20%)加算されます。ただし、税務署の調査前に自主的に期限後申告をした場合には5%となります。
また、次の要件のすべてを満たせば、無申告加算税はかかりません。

その期限後申告が、申告期限から2週間以内に自主的にされていること。
期限内申告をする意思があった。(次の①、②のいずれにも該当する場合。)
① 税金はを納期限までに全額納付していた。
② 期限後申告の提出日の前日から5年前までの間に、無申告加算税や重加算税を課されたことがなく、この規定(期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用)を受けていないこと。

間違っていたら訂正しましょう。

3月15日の期限内まででしたら、確定申告書を訂正しても何もペナルティーはありません。期限を過ぎたとしてもうっかりミスについて厳しいペナルティーはありません。まずは自主的に申告書を提出して、ペナルティーなどの無駄な出費を減らしましょう。

電話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>