競馬が当たったら申告してますか?

競馬が当たったとき

競馬の予想が的中してお金の払い戻しをうけたら、それは税金の計算のルールでは一時所得となって、税金の課税の対象となります。ふつうはあまり気にしないで馬券を買っているような。。

一時所得とは?

クイズ懸賞の賞金やデパート福引の当選、富山競輪や競馬の払い戻し金、保険金など、ある時突然にお金を受け取ったケースが、たいてい一時所得となります。

一時所得は50万円まで非課税?

一時所得は、((収入-直接の費用)-50万円)×1/2という算式で計算します。なので、特別控除額の50万円までは一時所得はゼロになります。競馬にあたっても、50万円までは大丈夫。ただ、当たり馬券の購入費は経費になりますが、ハズレ馬券は経費にはなりません。

競馬で30億あたった人がいた!

そのひとは競馬予想ソフトを自分でカスタマイズして予想。最初の軍資金が100万円だったのが、3年後には30億1千万円の配当を手にします。でもかかったお金は28億4千万円。実際のもうけは1億5千万円。ハズレ馬券などを考慮すると、3年間で4.8%のリターンがあったことになりますが、まるで金融商品です。。

一時所得で申告したら。。

一時所得として競馬の配当金を申告すると、当たり馬券しか経費として認められません。このひとの場合には、約一億円が経費。残りの29億円×1/2に税金がかかることになり、納税額は5億7千万円。実際のもうけは1億5千万円ですよね。。もう、理解不能な状況です。税理士に相談したら、本人は震え上がりこわくて確定申告できません。

脱税と訴えられる。

しかし、国税にこのことがバレてしまいます。たいてい密告が多いのですが、情報のでどころは不明です。そして、納税額は5億7千万円。脱税容疑で起訴されることに。。この時点で会社は解雇され、妻とともに地獄の底にたたき落されます。

裁判をおこす。

利益以上の税金を払うのはおかしい。これは誰でも思うこと。そして、ハズレ馬券を経費とするために国と戦うこととなります。
結果は。。地裁・高裁ともにハズレ馬券を経費と認めました。でも、確定申告しなかったことについては有罪。そして、現在は最高裁の判断をまつ状態。

論点は、継続性。

競馬予想ソフトで継続的に馬券を購入していた。そこから生まれた利益は本当に一時的なものなのか。経費の認められる別の所得になるんじゃない?というのが論点です。地裁・高裁はその利益を追求した継続性を重視して、ハズレ馬券も経費として認めました。一時所得ではなく雑所得になると判断しています。

裁判の行方は?

たぶん、この事件は最高裁も勝訴することとなるでしょう。もちろん、利益に対しての税金4割?は支払うことになります。そうなると、リターンは税金を考慮すると2.9%。借入もしていたならば、もっと低くなりますが。。

競馬も儲かる?

パソコンやインターネットが浸透してこのような賭け方ができるようになったわけで、必ずおこるはずの事件だったと思います。誰かが先例を作る必要がありました。そのおかげで、今後は類似のケースで脱税犯として世間からさらし者にされる人はいなくなるでしょう。ですが、競馬の必勝法があり、みんな儲かると競馬はなくなります。

運命のいたずら

なぜ彼が脱税犯として訴えられたのでしょうか。運命のいたずらとはよくいいますが、一日も早くもとの平和な生活を取り戻して頂きたいです。ちなみに、普通に競馬をしている人にとっては、一時所得です。ハズレ馬券は費用とはなりません。念のため。ところで、確率を人為的にコントロールできる宝くじは、非課税です。

電話

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>