年の途中で妻や夫が死亡してしまった場合は?

配偶者が死亡した場合の配偶者控除

最愛の夫が死亡してしまった。それまで夫に確定申告をまかせていたのに今年はどうしたらいいのか。。このようにお悩みの方もいらっしゃいます。
亡くなった夫については準確定申告、残された妻も確定申告をすることになるでしょう。入院費について医療費控除も受けないと。。
確定申告を作ってはみたものの、まず悩むのが配偶者控除。夫はもういないけど配偶者控除は。。

残された妻の確定申告の場合

妻の確定申告では、死亡した夫の死亡時の現況で配偶者控除の対象になるかどうか判断します。配偶者の合計所得は、年の1月1日から死亡日までの間の所得で判断します。38万円以下なら配偶者控除の適用が可能に。入院などで収入が少なかった場合には適用できる可能性が高いです。なお、配偶者控除額の月割計算はしません。

死亡した夫の準確定申告

準確定申告とは、亡くなった人の1月1日から死亡日までの所得税の申告。死亡した夫の最後の確定申告です。その夫の確定申告で残された妻は控除対象配偶者となれるのでしょうか。
こちらも、死亡した夫の死亡時の現況で配偶者控除の対象になるかどうか判断します。ただし、配偶者である妻の合計所得はその年の1月1日から12月31日までの間の合計所得金額を見積もって判定します。判定後に偶発的な理由で配偶者であった妻に所得が発生したとしても、それはこの判定に影響を与えません。こちらも、配偶者控除額の月割計算はしません。

残された妻と扶養控除

夫の死亡後に残された妻が子供と一緒に同居をはじめた。。このような場合、残された妻は子供の扶養親族となれるのでしょうか。
このような場合には、その年の12月31日の現況によって判断します。したがって12月31日には子供の扶養親族であるので、子供の方で扶養控除の適用が可能です。亡くなった夫の準確定申告で控除対象配偶者であったとしても、子供の扶養親族になることができます。

配偶者控除と寡婦控除

配偶者と死別した一定の女性は寡婦控除を受けることができます。寡婦の判定はその年の12月31日の現況でおこないます。したがって、亡くなった夫を配偶者控除の対象とし、そして自分は寡婦控除の対象となることもあります。

寡婦控除とは

寡婦控除とは、女性が次の所得税法上の寡婦に当てはまる場合に受けられる所得控除です。
・夫と死別した後婚姻をしていない人で、合計所得金額が500万円以下(扶養親族の要件はありません。)
・夫と死別もしくは離婚後に婚姻をしていない人で、扶養親族がいる場合
これらのいずれかの要件を満たせば、27万円の寡婦控除の適用が可能です。
なお、次の要件を満たす場合には、特定の寡婦として35万円の控除額となります。
・夫と死別し又は離婚した後婚姻をしていないなど
・扶養親族である子がいること
・合計所得金額が500万円以下であること。

寡夫控除とは

寡夫控除とは、寡婦控除とは、男性が次の所得税法上の寡夫に当てはまる場合に受けられる所得控除です。
・合計所得金額が500万円以下であること。
・妻と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていないなど
・生計を一にする子がいること。
この場合の子は、総所得金額等が38万円以下で他の控除対象配偶者や扶養親族になっていない場合に限ります。

会社勤務の方は注意

もし残された妻が会社員の場合、夫が死亡した年も妻は年末調整で終わらせ、確定申告をしないケースもあるでしょう。しかし、ここで気を付けたいのが配偶者控除や寡婦(夫)控除の適用忘れ。源泉徴収票を一度確認してみてください。結構もれていることが多いです。。

電話

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>