楽に帳簿をつけたいのだけど。。

手書きで帳簿記帳。

最近は会計ソフトを使って帳簿を記帳するのが主流。手書きでの帳簿の作成は、パソコンが苦手な方に限られています。しかし、白色申告でも帳簿の記帳が義務化されてしまった以上、何とか帳簿を作成しなければいけません。何とか楽に帳簿をつける方法は無いのでしょうか?

単式簿記と複式簿記

単式簿記(簡易簿記)とは、その日の取引を関連する現金出納帳や経費帳などに記入して、それらの帳簿の集計結果から決算書を作成します。したがって、現金の増減や経費の発生を家計簿のように記帳するだけなので、特に簿記の知識は必要ありません。
一方、複式簿記とは、その日の取引を2つの視点で捉えます。例えば、消耗品を100円ショップで一つ買った場合には、消耗品100円発生と同時に現金は100円減少という様に、2つ同時に記帳します。(借方:消耗品費100/貸方:現金100)
このすべての取引について2つ同時に記帳するというルールを守って記録していくのが複式簿記です。

楽なのは当然、簡易簿記

複式簿記ですべての取引を両面でとらえて、それぞれ集計して。。というのは手書きではとても大変。特にいったんソフトに慣れてしまうと。。ですが、パソコンがどうしても苦手で
。。という人には、簡易簿記がおすすめ。青色申告の特別控除額は65万円から10万円に下がりますが、事務の手間も同様に少なくなります。

青色申告の簡易簿記とは

青色申告の簡易簿記でも、現金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳が必要です。しかし、青色申告の現金主義を選択すると、現金出納帳・経費帳・固定資産台帳のみでよくなります。青色申告特別控除額も10万円ですので、できるだけ楽をしたい。という人は青色申告の現金主義がねらい目です。

現金主義とは

現金主義とは、例えば備品などの消耗品を受け取った時点では仕訳をせずに代金が支払われた時点で消耗品費を計上する方法。発生主義は、受け取った時点で消耗品費と買掛金(未払金)を計上し、支払時に現金と買掛金(未払金)のマイナスと2回仕訳をするので、発生主義と比べると事務の手間が1回分減少します。

青色申告の現金主義を適用するには

不動産所得や事業所得について現金主義を選択して青色申告の承認を受けようとする場合には、「青色申告承認申請書(兼)現金主義の所得計算による旨の届出書」を、すでに青色申告の承認を受けている方は、「現金主義による所得計算の特例を受けることの届出書」の提出が必要です。
ただし、この現金主義の適用を受ける場合には、小規模事業者に該当する必要があります。

現金主義が可能な小規模事業者とは

現金主義の適用が可能な小規模事業者とは、その年の前々年分の事業所得の金額と不動産所得の金額(事業専従者給与の額を必要経費にしないで計算した金額)の合計が300万円以下の方です。発生主義で青色申告の簡易簿記を選択する場合には、所得制限はありません。ただし、青色申告の承認申請書の提出は必要です。

現金主義で注意が必要なポイント

現金主義を採用する場合には、次の項目を特に注意しましょう!

◇項目◇ ◇注意点◇
自家消費 売り物である商品を、自分のために消費したり人にあげたりしたような場合は、代金の入金がなくても、その消費や贈与したときに売上を計上します。
減価償却 車などを買った時は、現金主義だからといって購入した年に全額費用にすることはできません。税法で決められた期間にしたがって期間按分します。
貸倒損失 売掛金や受取手形が貸倒れても損失の計上はできません。
ただし、立替金や貸付金の貸倒損失は認められます。
たな卸し 年始や年末にある商品在庫は、仕入れ金額には考慮しません。仕入れの支払金額が=売上原価となります。
貸倒引当金 将来発生する損失のための引当金は、現金の支払いが計上時点では無いため認められません。

白色申告でも帳簿の作成は義務なんです。

罰則規定はないですが、白色申告でも帳簿の作成は義務。同じ帳簿をつけるなら、青色申告の承認を受けて10万円or65万円の特別控除の適用を受けた方がいいですね!

電話

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>