サラリーマンと申告不要制度

サラリーマンと申告不要制度

よく, サラリーマンの給与以外の副業金額(経費控除後)が20万円以下ならば, 確定申告をしなくてよいとの話をよく聞きます。しかし,  医療費控除などを適用するため確定申告をする場合には, たとえ副業金額が20万以下でも申告不要制度を選択しな …

e-taxで添付書類を省略

e-taxで添付書類を省略

e-taxを利用して所得税確定申告をすると, 医療費の領収書や源泉徴収票等は, その添付を省略することができます。ただし, 記載内容の送信, 法定申告期限から5年間の原本の保存義務があります。 提出が省略できる書類の一覧 • 給与所得者の特 …

海外転勤と納税管理人の選任

海外転勤と納税管理人の選任

日本の会社に勤めのサラリーマンが, 1年以上の予定で海外に転勤する場合には, 原則として出国の日の翌日から非居住者となります。通常は人事部などで給与計算と納税を行ってくれますが, 副業があった場合どうしたらいいのでしょうか。 例えば, 非居 …

離婚の際財産を渡したら

離婚の際財産を渡したら

夫婦が離婚し, 請求に基づき相手方に財産を渡すことを財産分与といいます。この場合, 財産を渡した人に譲渡所得が課税されます。では, この課税関係を十分に理解せず元妻に土地・建物を引き渡した後, 2億円を超える納税義務が課された場合, どうす …

租税条約の適用について

租税条約の適用について

租税条約は, 海外に支店や子会社がある場合, 又はこれらが無くても長期間のスーパーバイズを現地で行う場合などに注意しなければいけません。例えば配当金やロイヤリティー等の源泉税率について, 租税条約は原則国内法より優先されることから, 租税条 …